労基

あまり来ない上司から電話がかかってきました。

これ以上残業が続くと労基にひっかかるから、残業時間をつけられなくなる。残業なくしてください。と。

はい?

なんだろう、その言い草は。

誰が嬉しそうに残業つけてたんだろう。

あれやれ、これやれと言いつつ、次はヤバイから残業つけるな。

この人はいつもコレです。

お嬢様育ちで、まともに外で働いたこともないまま親の会社で重役になり、オンナ特有の口のうまさだけは兼ね備えた、でも色な常識や気遣いの抜けた人です。

たしかにかなりの残業になっていることはわかっています。だからあれでもすべてを付けていません。

減らすような努力はしなければと思いますが、現状どうしてこうなっているのかはご存知ですよね?

これが出来るのだけ。

これが出来るのは私だけ。

これとこれは全部チェックが必要。

これがこうなったら間に入るのは私だけ。

とはこれしかしない。

それはさせなきゃダメよ。

それは完璧に出来るように教えなきゃ。

それは教えてにでも振ったらいい。

だからやってるよ!!

でもできないんだろ!!!

教えてチェックして、間違ってて教えて訂正させてまたチェックして、まだ間違うねん!!

なんでできないんやろねー、そんなこと。。

こっちが聞きたいわ!!!

でもって、できてないこと、間違いやクレームに対応する時間を取られていること、知ってますよね?

もちろん!

だからね、どうにかしてさんの仕事減らしたいのよ。さんがやってることはわかってるんですけどね。

でも一回、残業時間中にしてる仕事、毎日書いてもらえるかな。

残業時間のみ?

それ書く時間も惜しいですけど?!

わかりました。

でも、では同時に各スタッフの日常も知ってください。書かせてください。仕事が詰め込まれていないこと、それぞれの仕事のスピードが遅いこと、覚えるスピードも遅いこと、間違いやクレームに関しての危機感が薄いこと、話してもいますが。あまりに多くて流してしまうことも多いです。それにいちいち話をしていたらもっと時間を取られています。だからよりわかってもらうために、書かせて報告させて上司からの指摘も受けさせてください。

そうね、わかった。

表はどうしましょう。

じゃあ、作ります。せっかくだから、色項目入れましょうか。良かったことや改善点とか、、、、

ほうら、すぐ論点がズレるのもこの人の特徴です。

危機感がない会社の重役が何言ってんだ(--)

広告を非表示にする