呼吸をととのえて

皆さんこんにちは新潟市中央区のピアノ教室

クララ音楽教室大塚久美子です。

近日、連弾演奏の本番演奏を控えたご姉弟。

今日はステージマナーであるご挨拶から

すべて通し練習を行いました。

息を合わせるのは、連弾のもっとも大切な

ポイント。たまには言い合いがありながらも

本番直前にはピタリと息が合うまでに(oo)

息を合わせるのは、動きや、音さえもが

ハーモニーを奏でるようにするため。

これは、連弾だけでなく、ソロであっても

同じことなのです。

演奏と身体がバラバラに映るステージでは

聴く人には音楽として伝わりません。

小手先の技術だけではだめですし、

身振り手振りだけが大物でもそうです。

弾く前に、何を考えていますか?

どんな曲を弾くのか、どんな風に聴こえさせたいのか、

練習で何度もそれをしていくわけですから、

本番では、静かに呼吸をととのえて、これまでの中で

一番よい流れを思い出し、辿っていくだけです。

だけ。

それはそれは、難しいことですが、目指すべき

一つの道ですよ

最後までお読み頂きありがとうございました

CPL

クララ音楽教室新潟市中央区のHPはこちら

広告を非表示にする