名探偵は眠れない30

ターナーは真っ赤になって両手で顔を覆ってしまった瑠樹を本当に可愛いと思った「瑠樹?顔を見せて?」声を掛けるが瑠樹は顔を隠したまま首を振る「瑠樹?」ターナーが顔を覗き込もうとすると身を竦めて逃げようとする「ねえ、瑠樹?」「あの、お客さん?」タクシーの運転手が話し掛けてきた「…着いてるんですけど?」料金を払って降りると玄関のドアが内側から開いた「姉ちゃんっ!どこ行ってたんだよ!?……っ、アンタ?」飛び出してきたシュウがターナーを見て顰めっ面になる「ご両親は、ご在宅かな?」「いるよ。皆、心配して、一晩中起きてたんだから…って!」ペシッと音がしてシュウの後からセイが出て来た「嘘つくな!起きてたのはシュウだけ。俺はしっかり寝たよ。お帰り、姉ちゃん」「た、ただいま。ごめんね、心配掛けて」「ホントだよ、ねえ……」「いぃ〜って、いぃ〜って、姉ちゃんだってお年頃なんだから、外泊のひとつやふた〜つ、ねえ〜?」噛み付きかけたシュウを遮ってセイがカラカラと笑った本当に両極端な双子だとターナーは思った家の中に通されるとターナーは瑠樹の両親に深々と頭を下げた「初めまして、西園寺ターナーと申します。この度\xA4

蓮△Ę遒気鵑鯡誼燃闇颪気擦董〳Г気鵑砲歓看朿櫃韻泙靴浸㯃∪燭某修渓擷△蠅泙擦鵝徇楴硑領梢討魯拭璽福爾領傔Ľ米䡄楔譴吠魑い房茲蕕譴心蕕鬚靴討い拭屬泙◆Ś札い吠垢い討泙靴燭韻鼻∨榲槪法∉䡄楔譴❹Ę綣蠅覆里佑─€廖屐帖帖廚砲海笋ǂ望个κ貎討紡个靴読秧討亙Í彩未世修譴鮓ǂ謄拭璽福爾倭仍劼寮⑲覆琉磴い呂海里肝梢討侶豢擇覆里世覆抜兇犬拭屬ă磴気鵝△ĺ譴気鵝⊃看曚気擦董△瓦瓩鵑覆気ぁ徇楴硑眛❹魏爾欧襪肇札いⅺ箸鮠茲蟒个靴匿屬い拭屬任癲∋个舛磴鵑❶∀⇒輕困譴襪辰董⊊舛靴い茲諭繊¤匹Δ靴董€廖屬┐叩¤◆△△里叩△修譴蓮帖廖嵶楴硑龍餽腓⓰④唎覆辰董▲曠謄襪良异阿乃戮鵑任い泙靴拭廖屬燭叩▲拭璽福爾\xC3!?」ターナーはラウンジバーで遭遇した男の話をした「…それで、瑠樹が動揺しているのを見たホテルの支配人が、落ち着くまで休むようにと、部屋を用意して下さいました」「姉ちゃん?そいつって、小学校で姉ちゃんを苛めてた奴?」瑠樹が頷くとシュウがドンッ!とテーブルを叩いた「あの、ペンペン草っ!!性懲りもなくっ!」「シュウってば〜、ペンペン草は失礼だよ〜?」そのシュウにセイが茶々を居れる「ペンペン草だって、一生懸命生き

てるんだから、呆れるほど成長してない日下部(くさかべ)の阿呆と比べちゃ、可哀想だって〜」日下部…『くさ』だからペンペン草か成る程…ターナーが納得していると母親が双子の頭を小突いた「何を言ってるの、二人とも!」「それで、君は?」どう責任を取るのか?瑠樹の父親が重々しい口を開き問い掛けてきたつづく